かんがるーけあ

Home » おすすめ記事 » 新生児の哺乳 / 母乳を飲めば医者になれる!?

新生児の哺乳 / 母乳を飲めば医者になれる!?

calendar

スポンサーリンク

新生児の哺乳 / 母乳を飲めばIQが上がる!

こんにちは! tamakiです:)

乳幼児の健診等をしていると、お母さんからこのように質問されることがあります。

「先生、うちの子はまだ母乳を飲んでいるんですが、どうしたら断乳できますか?周りのママ友とかに話すと、「まだ母乳を飲ませているの!?」ってびっくりされて・・・子供が欲しがっているのでなかなか止め時が掴めなくて・・・」

 

結論から言います。

 

 

お母さんも母乳が出ていて、子供も欲しがるのならいつまでも飲ませてokです!

それこそ幼稚園に上がっても飲ませていいです!

 

今回は母乳が赤ちゃんにとって いかに優れているのかを解説します。

 

 

 


 

母乳のメリット

まず前提として、母乳は赤ちゃんの栄養として、地球上で最も優れたものです。

どんな人工乳も母乳には叶いません。

母乳には新生児にとって必要な栄養素がすべて含まれ、消化吸収にすぐれています。

しかも、栄養面以外にも、母乳で育てることで赤ちゃんだけでなく、お母さんにとっても様々なメリットが得られます。

母乳のメリット<赤ちゃんのメリット>
・ 自然な顎、顔の筋肉の発達
・ 将来の肥満予防
・ アレルギー発現の予防
・ 免疫力の向上
・ IQが高くなる

<お母さんのメリット>
・ 子宮収縮が促進され出血量が減る
・ 子宮の大きさが早く元の戻る
・ 産後、体重が自然に元に戻る
・ 乳がんリスクを減らす
・ 卵巣がんリスクを減らす
・ 尿路感染症を予防する
・ 骨粗鬆症を予防する
・ ミルク代が節約できる

これらのメリットは全て世界中で研究された科学的な根拠に基づいて掲載しています。

いくつかピックアップしてみましょう。

 


 

感染症予防

母乳で育てられた赤ちゃんは、中耳炎や風邪をはじめとする上気道感染にかかりにくくなります

また喘息などの慢性的な病気に対しても、かかりにくく、かかっても軽症で済みやすくなります

下痢やその他の胃腸の病気、肺炎、敗血症、胃腸炎、髄膜炎、ある種の小児がん等になることも少ないとわかっています。

病気にかかる頻度が少なければ、医療機関に受診する回数も減りますし、お母さんも安心できますね。

<文献>
Pediatr Clin N A 2001;48(1):125-41
Thorax 2001;56:589-95
J Allergy Clin Immunol 2002; 110:65-7
Pediatrics 1997;99(6):e5

IQが高くなる

母乳で育てられた赤ちゃんは人工乳で育てられた赤ちゃんより、IQが5-10ポイント高く出ることがわかっています

モーテンセンが行った研究では、両親の教育のレベルや母親の喫煙や出生時の体重など、知能に影響を及ぼしうる他の因子を調節した上で、母乳期間の長さが大人になってからのIQの高さに関係があるということを示しました。

新生児科の恩師からよく言われたものです。

「あなたが、医学部に入学して、こうやって医者としていられるのも、ひとえに母乳のおかげなのよ」

 

母乳によりIQが高くなる理由として、母乳に含まれるドコサヘキサエン酸(DHA)やアラキドン酸(ARA)といった成分が関係していると言われています。

<文献>
JAMA 2002; 28(15):2365-71
Acta Paediatr 2000;89(2):142-47

母乳の量と免疫力の関係性

母乳が赤ちゃんの免疫力を高めると話しましたが、その効果が最大限となるのは"母乳だけを飲んでいる"ときです。

なんと、人工乳や牛乳など、その他の食べ物、母乳以外のものを口にするにつれてその効果は下がっていきます

また、母乳を飲む総量が多ければ多いほど、赤ちゃんの健康状態は良いとわかっています。

具体的には、母乳を飲めば飲むほど、小児白血病、リンパ腫、中耳炎、呼吸器感染症、下痢、インフルエンザ桿菌(Hib)感染症にかかりにくくなります。

肥満に予防できますし、発達指数(発達の正常の程度)も高くなります、

<文献>
Eur J Cancer 2001; 337(2):234-38
Am J Publ Hlth 1999; 89(1):25-30

母乳そのものがワクチン!?

母乳には免疫グロブリン、白血球、抗炎症因子が含まれています。

産後数日以内に分泌される母乳には、特に"高濃度の免疫物質"が含まれます。

免疫物質の一つである"分泌型免疫グロブリンA(IgA)"は母乳で育てられる赤ちゃんの急性胃腸炎にかかるリスクを減らします

そればかりか、急性胃腸炎になってしまった場合の"治療薬"としても効果を発揮します

この分泌型IgAは、さらに赤ちゃん自身が分泌型IgAを作ることを促します。

<文献>
Acta JPaediatr 2000;89(9):1087-92
Am J Clin Nutr 1999; 69(Suppl):1035S-45S
Am Coll Nutr 2000; 19(3):370-73

がん細胞を減らす。 殺菌作用をもつ。

母乳に含まれる成分が、肺がん、咽頭がん、腎臓がん、大腸癌、膀胱がんから検出された細胞や、リンパ細胞、白血病細胞、そして肺炎球菌を殺すことがわかっています。

また、ある研究ではクラミジアやHIVなど、ある種の細菌などを無力化する効果があるとわかっています。

<文献>
J Hum Lact 1998;14(1):23-27
Antimicro Agen Chemo 1998; 42(5):1239-44
Proc Natl Acad Sci USA 1999; 96:2678-81

 


 

上記のメリットをに対する文献はまだまだ沢山ありますが、書ききれないのでひとまずこの辺にしておきます笑

とにかく、母乳が最強ってことが伝われば幸いです。

母乳やミルクに関する話は、まだまだ内容が豊富にあるので少しずつ書いていけたらと思います。

では、また:)

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す