かんがるーけあ

Home » おすすめ記事 » 予防接種 2020年10月より改訂

予防接種 2020年10月より改訂

calendar

reload

予防接種 2020年10月より改訂

スポンサーリンク

予防接種 2020年10月よりロタウイルスが定期接種に!

こんにちは! tamakiです:)

今回は小児における予防接種についてまとめていこうと思います。

2020年10月1日からロタウイルスの予防接種が始まります。

それに準じて、予防接種をする上で良くきく質問等をまとめてみました!

予防接種

予防接種スケジュール
予防接種を受ければその病気にかからないの?
予防接種によって根絶された病気
生ワクチンと不活化ワクチンの違い
1回目の接種で発熱したんだけど、2回目からはどうすればいいの?
アレルギーがあるんだけど大丈夫?
・卵アレルギーがあるんだけど大丈夫?
定期接種を受け忘れたんだけどまだ打てる?
“任意”の予防接種は受けた方がよいの?
予防接種後は良く揉んだ方が良いの?
インフルエンザワクチン
・ いつ打つのが一番効果的なの?
・ なんで毎年受ける必要があるの?

 


 

2020年10月以降の新しい予防接種スケジュール

まだ新しい予防接種のスケジュール表は発表されていません。

ロタウイルスが定期接種になることを踏まえると、下記の画像のロタの部分が定期接種になると認識していただければ良いと思います。


KNOW!VPD様より引用

また予防接種の規則が10月から変わります。

予防接種を受ける間隔のルールが大幅に緩和され、別のワクチンであれば、これまでのように1週間とか1ヶ月とか間隔を設ける必要がなくなりました。

注射生ワクチン接種後に他の注射生ワクチンを受ける時は、間を27日あけます。

同じワクチンで数回接種が必要なものは、これまで通り決められた間隔をあけて接種します。

 


 

予防接種を受ければその病気にかからないの?

予防接種を受ければ、多くの人がその感染症に対して免疫を獲得することができます。

しかし、その効果は100%ではありません

ワクチンの種類によりますが、抗体をしっかりと獲得できる人、できない人がいて、それは体質の問題も大きく関わってきます。

ワクチン接種をして抗体を獲得できなかった状態を”一次性ワクチン効果不全”と言います。

またワクチン接種後に抗体を獲得できたけど、その後に抗体の効果が弱くなってしまった状態を”二次性ワクチン効果不全”と言います。

 


 

予防接種によって根絶された病気

少し歴史の話になりますが、予防接種の普及により、この世の中から根絶されたウイルスがいることをご存知でしょうか。

それが“天然痘ウイルス”です。

天然痘は、紀元前より伝染力が非常に強く死に至る疫病として人々から恐れられていました。また、治癒した場合でも顔面に醜い瘢痕が残るため、江戸時代には「美目定めの病」と言われ、 忌み嫌われていたとの記録があります。 天然痘ワクチンの接種、 すなわち種痘の普及によりその発生数は減少し、 WHOは1980年5月に天然痘の世界根絶宣言が出されました。 以降これまでに世界中で天然痘患者の発生はありません。

NIID国立感染症研究所より引用

すごいですよね。 当時、天然痘に感染した患者は約2000万人死亡数は400万人と言われていました。

それが予防接種の普及により、今は病にかかる人が0という結果に落ち着いているのです。

予防に勝る治療はないとはこのことです。

 


 

生ワクチンと不活化ワクチンの違い

ざっくりまとめると下記の通りです。

生ワクチン
・ 病原性を極度に弱めた(弱毒化した)生きたウイルスや細菌そのものを使用している。
・ つまり生きている → 体内で増殖することがある
・ 効果は絶大 → 少ない接種回数で済む

 

不活化ワクチン
・ ウイルスや細菌の一部、または完全に毒素を抜いた抜け殻を使用している。
・ つまり死んでいる → 体内で増殖することはあい
・ 効果はまずまず → 何回か接種を繰り返す必要がある

 


 

1回目の接種で発熱したんだけど、2回目からはどうすればいいの?

1回目の接種で一過性の発熱が出ることがありますが、ほとんどが24時間以内に改善します。

1回目の接種で発熱があった場合は、2回目の接種でも発熱する可能性が十分に考えられますが、接種はしても良いですし、これもまた24時間以内にほとんどが改善します。

発熱以外に症状がなければ、自宅で様子をみていただいて大丈夫です!

 


 

アレルギーがあるんだけど大丈夫?

前提として、”予防接種液”に対して、アナフィラキシーを起こした方は、その予防接種を受けることができません。

アナフィラキシーについてはこちら↓

予防接種液のアレルゲン(アレルギーの原因物質)となりうるものは下記の通りです。

アレルゲンとなるもの

ワクチンの主成分
安定剤のゼラチン
防腐剤のチメロサール
培養成分である培養液
鶏卵成分
抗菌薬等

上記の成分にアレルギーのある方は注意が必要です。

ちなみに体質としてアトピー性皮膚炎気管支喘息アレルギー性鼻炎蕁麻疹などの症状をお持ちの方でも予防接種は普通に受けることができます

 


 

卵アレルギーがあるんだけど大丈夫?

ワクチンを作るのに鶏卵を使用しているのは下記の2つです

インフルエンザワクチン(発育鶏卵)
黄熱ワクチン(ニワトリ胚細胞、SPE鶏卵)

結論からいうと、卵アレルギーがあっても全身状態がよく、また卵に対するアナフィラキシーを起こしたことがなければ通常通り受けることができます。

これらのワクチンに含まれる卵白アルブミンの量は数ngと少なく、WHO基準よりもはるかに少なくなっています。

卵に対してアナフィラキシーが起こったことがあっても、鶏卵アレルギーの程度によっては接種による副反応とのバランスを考えて接種を考慮します。

 


 

定期接種を受け忘れたんだけどまだ打てる?

定期接種を忘れてしまっても、期限外でも予防接種は可能です。

ただし、対象期間を過ぎてしまうと自己負担になってしまうため気をつけましょう。

自己負担になっても接種することをおすすめします!

 


 

任意の予防接種は受けた方がよいの?

結論からいうと受けた方が良いです。

定期接種と違い、自己負担になってしまいますが、対象となる疾患の重症化を高い確率で防ぐことができます。

ちなみに、任意接種になっている理由は、定期接種と比較して副作用のリスクが高いとか、効果が弱いとかではありません

任意接種になっている理由については、日本の医療業界における”大人の事情"が根強く関わっています。

 


 

予防接種後は良く揉んだ方が良いの?

揉みません!

以前は接種後に接種部位を揉んでいましたが、免疫獲得への影響に差がないことや、強く揉むとかえって皮下出血を引き起こすなどの理由で、今は推奨されていません。

軽く圧迫する程度で大丈夫です!

 


 

インフルエンザワクチン

いつ打つのが一番効果的なの?

流行期は12月~3月と言われているので、12月中旬までに完了していることが望ましいです。

生後6か月~3歳未満 0.25ml 2回接種
3歳~13歳未満 0.5ml 2回接種
13歳以上の方(大人を含む) 0.5ml 1回接種。
* 6か月未満は接種不可
なんで毎年受ける必要があるの?

インフルエンザは毎年のように変異しながら流行するため、そのシーズン毎に流行すると考えられる型に併せてワクチンが製造されます。

またインフルエンザワクチンの効果は接種後 2週間~5ヶ月程度と言われているので、前年と同じものが今年流行ったとしてもワクチン接種は必要です。

 


 

今回は以上です!

ロタウイルスの定期接種が始まったら少しアップデート等も考えています。

では、また :)

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す